• Home
  • 作者別: souroutokyo

スパーキー佐藤の興奮対策とは?

AV男優スパーキー佐藤の教える早漏対策法「早漏革命」には早漏改善のための方法の一つとして「興奮対策」というのが存在します。

⇒興奮対策の動画ダウンロードはこちら

早漏で悩む人が気付き難い、「興奮」と早漏の関係

ペニスはエッチな刺激で興奮して勃起し、何らかの物理的な刺激を受ける事で快感を感じ、この快感が高まっていくと射精します。
このため多くの人は

早漏の対策法(射精までの時間を延ばす方法)=刺激での快感の高まりを何とかするもの

という風に考えます。
もちろんそれは間違いではありません。刺激に慣れていない事が早漏の原因の一つとしては考えられますし、実際にスパーキー佐藤の「早漏革命」でも「刺激対策」という刺激に対してペニスを強くするためのトレーニングがあります。
※詳しくは前回の記事で書いています⇒スパーキー佐藤の「刺激対策」の内容

しかし実は、ペニスの快感の高まりに影響があるのは刺激だけではありません。興奮も快感の高まりに密接な関係があります。

同じ刺激でも興奮が高まっていると快感が大きい

男性なら誰しもエッチな本やエロ動画、AVといったものを購入し、視聴しながらオナニーをした経験があるでしょう。

さて、オナニーがとても気持ち良かった時、とイマイチだった時の差はなんでしょう?
しばらくオナニーやセックスをしていなくて溜まっている時ほど気持ち良いというのもあると思いますが、オカズの良し悪しでオナニーの気持ち良さはかなり変わるという事を誰しもお分かりでしょう。オナニーのやり方という「刺激」が同じでもオカズが良くてとても興奮していると断然気持ちよいですし、あまりにもオカズに興奮して快感が一気に高まってあっという間に射精してオナニーが終わってしまった経験、あなたもありませんか?

性欲の対象にどれだけ興奮しているかは、ペニスの快感の高まりに大きな影響があるのが分かるでしょう。
この興奮をうまく抑える事が出来れば、ペニスの快感が高まり過ぎてしまうのを防ぎ、射精までの時間を延ばす事が出来ます。

スパーキー佐藤の「刺激対策」の内容

スパーキー佐藤の超早漏対策「早漏革命」は3つの対策からなっています。

⇒3つの対策を動画で見る

その3つの中の一つ「刺激対策」は男性のイチモツを刺激に対して強くするためのトレーニングです。

今この文章を読んでいらっしゃるそこのあなたは、早漏で悩んでいるかと思います。(そうでなければこの文章にたどり付く事なんてまずないでしょう。)

でも初めてのセックスをした時って、もっともっとあっという間に射精してしまったかと思います。中にはとても緊張して全然勃起せず、全く気持ちよくなれなかったなんていう人もいらっしゃるでしょうか?

じゃあ初めてオナニーをした時はどうだったでしょう。気持ちよくてあっという間に射精に至った事でしょう。

でも今のあなたは少なくとも初めてセックスやオナニーをした時よりは、射精に達するまでの時間は長いのではないかと思います。

これは回数をこなすうちに少なからずあなたのペニスが刺激に慣れてきたという事です。

オナニーならもう少し長く出来ませんか?

彼女とのセックスではすぐに射精してしまう早漏で悩んでいる方でも、1人で過ごす夜のオナニーではもう少しは持続出来るという方は少なくないでしょう。オナニーは自分1人の行為なので、快感が高まってきたら自分の意思で弱めるという事が出来るのもありますが、仮に全く弱めずに行ってもオナニーの方が長持ちするという人が多いのでは?

セックスもオナニーもエッチなものを楽しみながらペニスを刺激して快感を感じて射精に至るという点は同じなのに、なぜこのような違いが出るのでしょうか?

オナニーとセックスの差①:興奮具合の違い

オナニーをする時は、AVやエロ本・エロ漫画などのオカズを観賞して興奮しながらすると思います。一方セックスは目の前に彼女がいて、その体を見たり触ったり匂いを嗅いだり出来るのですから普段のオカズより興奮しますよね。男性のペニスの快感の高まりは、物理的な刺激だけではなく興奮も密接な関係があり、興奮しているとよりペニスの快感が高まるのです。これについてはスパーキー佐藤「早漏革命」の興奮対策のトレーニングで対策します。

オナニーとセックスの差②:刺激に対する慣れ

世のほとんどの人は初めてのセックスをするよりも前からオナニーをしていて、セックスよりもオナニーの刺激の方に慣れているのです。
セックスもオナニーも女性に興奮してペニスへの刺激で気持ちよくなるというのは同じですが、自分の右手でのシゴきと彼女の膣内とでは刺激の感触がだいぶ違いますよね。
オナニーはかなり経験してその刺激にはある程度慣れているのに比べて、まだセックスの膣の刺激への慣れが足りないためにすぐに射精に至ってしまうのです。

1人でオナニーをする時もセックスの膣の刺激に近いやり方で行えば、セックスの刺激に対するトレーニングになります。
※参考 オナニーで射精コントロール方を身につける「革命!早漏塾」

スパーキー佐藤式亀頭マッサージ

早漏改善のための刺激対策で有効なのが亀頭のマッサージです。
オナニーの時にあなたは亀頭を刺激していますか?男性のオナニーはペニスを握って上下するので、竿はしごいても亀頭を刺激していないという人が少なくありません。
この亀頭を鍛えるトレーニングが大変効果的です。
⇒亀頭マッサージのやり方を動画で見る

セックスでペニスを挿入しての本番の際、彼女の膣内は前戯の快感で愛液で濡れていますよね。この膣内での刺激に対して鍛える必要があるので、このようにローションを付けて行う必要があるのです。
むやみやたらにペニスに強い刺激を与えたからと言って刺激に強くなるというわけではありません。動画の通りに行いましょう。

射精を我慢する事が早漏の改善ではない

セックスで得られるペニスの快感は大変気持ちが良いですよね。
しかしあっという間にイキそうになり、気持ちよいけど「やばい。イキそうだ」と射精を堪えるも、堪える事は出来ずに射精へと至る。

早漏の人のセックスってこんな感じだと思います。そして多くの早漏の方はこう考えます。
「どうすれば、もっと長く射精を我慢出来るのだろう」と。

早漏を克服するとは「射精を我慢出来るようになる」ではありません

きっと多くの方は驚くでしょうが、早漏を克服するというのは射精を我慢出来るようになる事ではありません。
早漏とはすぐに射精する事。ならそれを克服するとは射精せずにいられるようになる事でしょ?
それは間違っていません。しかし、セックスで射精せずにいられるという事ではあっても「射精を我慢する」ではないのです。これは多くの早漏の男性が勘違いしている事です。

射精は我慢出来ない

ペニスの快感が高まってきて「イキそう」という感覚になってしまったら、もう男性は射精を我慢する事なんて出来ません。小便を我慢する時に使う筋肉「PC筋」を鍛える事で少しは我慢が出来るようになるのですが、これで5分も射精を我慢するなんていう事は無理です。
イキそうになってからではもう無理なんです。
※参考記事:スパーキー佐藤の動画「早漏革命」の手法

イキそうになる前の状態をキープする

ペニスに快感を感じているけれどまだ「イキそう」ではない状態。この状態を長く維持出来るようにする事が早漏克服の方法なんです。射精を我慢する方法を鍛えても、早漏の克服は出来ません。
しっかりと刺激対策や興奮対策のトレーニングを行いましょう。

早漏でも10分以上ピストン出来る方法(裏技)

自分が早漏であると自覚している人はもちろんの事、自分の持続時間を「まあ普通くらいでしょ」と思っているような人でも10分以上射精せずにピストンし続けるのは大変だというのはお分かりだと思います。
10分もピストンし続けられる人なんてなかなかいない。でも実はすぐに射精してしまうような早漏でも10分以上ピストンが出来る方法があるのです。
⇒10分以上ピストン出来る裏技を動画で見る

根本的な早漏の改善というわけにはいかないのですが、これを使えばとりあえず10分はピストンし続けられます。
早漏で悩んでいるという人はまずこの方法をやってみてください。これでとりあえずパートナーの女性が不満になる事は回避出来ます。
これを使いつつ、日常では射精コントロールのためのトレーニングも行っていきましょう。

生まれ付いての絶倫なんていません

スパーキー佐藤というAV男優をご存知でしょうか?

彼は早漏の対策法「早漏革命」という動画を出しており、早漏についてとても興味深い事を語っています。

⇒動画の視聴はこちら

 

スパーキー佐藤に限った事ではありませんが、AV男優の人って本当になかなか射精しませんよね。

もちろん映像作品なんでカットとカットの間にどれくらい時間が空いているかなんて分かりませんし、男優の顔が映っていない場面なんてひょっとしたら違う人に入れ替わっているとも限らないとは思います。

でもワンカットだけでもかなり長い時間射精せずにいますよね。目の前にあんな綺麗で可愛いAV女優が素っ裸でいて、あんなに激しく手や口やおっぱいで、あるいは本番でペニスを刺激され続けているのに射精しない。

こっちはそんなAVを見て自分の手でペニスをしごいていてもあっという間に射精してしまうというのに・・・・なんて思いますよね。

 

AV男優なんて職業になる人は、やっぱり絶倫なんだろうな。

射精せずに耐えられる時間は身体能力と同じで個人差があるもので、どうにもならないのだろう。

 

・・・・こんな風に考えていませんか?

それは大きな間違いです。

射精に至らずに長時間耐えられる人は、何も生まれ付いてそんな能力を持っていたという事ではありません。
スパーキー佐藤はセックスした女性にビックリされた経験があるくらいに昔は早漏だったそうです。汁男優としてAVの世界に足を踏み入れた後、長時間ピストンし続ける男優に自身の早漏の悩みを打ち明け、どうやればそんなに長い時間ピストンが出来るようになるのかを教えてもらったのだそうです。
その方法を実践し、今ではスパーキー佐藤は長時間のピストンが出来る男優になっています。

射精をコントロールする方法が分かれば、誰でも早漏を克服出来るのだとスパーキー佐藤は語っています。