射精を我慢する事が早漏の改善ではない

セックスで得られるペニスの快感は大変気持ちが良いですよね。
しかしあっという間にイキそうになり、気持ちよいけど「やばい。イキそうだ」と射精を堪えるも、堪える事は出来ずに射精へと至る。

早漏の人のセックスってこんな感じだと思います。そして多くの早漏の方はこう考えます。
「どうすれば、もっと長く射精を我慢出来るのだろう」と。

早漏を克服するとは「射精を我慢出来るようになる」ではありません

きっと多くの方は驚くでしょうが、早漏を克服するというのは射精を我慢出来るようになる事ではありません。
早漏とはすぐに射精する事。ならそれを克服するとは射精せずにいられるようになる事でしょ?
それは間違っていません。しかし、セックスで射精せずにいられるという事ではあっても「射精を我慢する」ではないのです。これは多くの早漏の男性が勘違いしている事です。

射精は我慢出来ない

ペニスの快感が高まってきて「イキそう」という感覚になってしまったら、もう男性は射精を我慢する事なんて出来ません。小便を我慢する時に使う筋肉「PC筋」を鍛える事で少しは我慢が出来るようになるのですが、これで5分も射精を我慢するなんていう事は無理です。
イキそうになってからではもう無理なんです。
※参考記事:スパーキー佐藤の動画「早漏革命」の手法

イキそうになる前の状態をキープする

ペニスに快感を感じているけれどまだ「イキそう」ではない状態。この状態を長く維持出来るようにする事が早漏克服の方法なんです。射精を我慢する方法を鍛えても、早漏の克服は出来ません。
しっかりと刺激対策や興奮対策のトレーニングを行いましょう。

souroutokyo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)